競馬で学ぶ。

先日競馬に行きました。

今回で2回目です。

 

1回目は600円で2,400円ぐらい勝ち、この調子で3倍になるんだったら一瞬でこの世の何でも買えちゃうなっ!と絶好調に調子に乗っていました。

 

そして2回目、2,000円負けました。

 

ううう〜〜ん。。。違う違う!

2,000円負けたのではなく、2,000円で5時間も遊ぶことができました。 (負けたんじゃない。遊ばせてもらったんだ)

しかも、すごい集中力と頭をフル回転に使い続けて。

 

まだまだ競馬初心者ですが、私が競馬をする時は

•今までの成績

•馬と騎手の調子

•前回は何回りで走ったのか(右回り,左回り)

•芝なのか土なのか

などと、レースの度に考えることだらけなのです。

 

私は直感や馬の顔や名前で選んだりできるタイプではないので、頭の中で考えることが多すぎて、前回同様、かなりカロリー消費した1日となりました。

 

競馬の知識が全くないということで、じっくり競馬を楽しめるよう指定席をとってくれたのですが、行ってみてビックリ…

 

ここは図書館なのでは⁉︎と思いました。

f:id:oyasuminta:20170530145450j:image

鉛筆一本と新聞片手に頭フル回転。

 

周りのテーブルを覗くと、お菓子を広げながらPC画面を真剣に見つめる人や、お弁当片手に新聞を一生懸命読んでいる人など…さまざまでした。

 

そこでわかったのは、やはり図書館じゃない!

大人になると持ち込みOKなんですね。笑